LightPDFエディターでパスワードを追加してPDFファイルを保護する方法

ファイルを保護するために、よくパスワードを設定します。LightPDFエディターはシンプルで機能豊かなPDF編集ソフトで、PDFの編集・変換・注釈付け・圧縮・OCR・結合・署名・透かしとパスワードの追加や削除などが簡単にできます。これから、LightPDFエディターでPDFにパスワードを追加する方法を説明いたします。まずは下記のボタンをクリックしてLightPDFエディターをダウンロードしてインストールしましょう。

無料ダウンロード

ファイル閲覧パスワードの設定

ファイル閲覧パスワードはPDFを開く時に使うもので、編集、印刷、複製などの操作に影響はありません。

  • LightPDFエディターでPDFを開きます。PDF開き
  • 「ツール」> 「パスワードの設定」をクリックして、パスワードの設定画面がポップアップされます。ポップアップ画面
  • 「ファイル閲覧のパスワード」にチェックを入れて、パスワードと確認のパスワードを入力します。
  • 設定したら、「保存」をクリックしてパスワード設定を終了します。
  • 暗号化の設定:暗号化のアルゴリズムの違いによって、RC4 (128bit)、AE3 (128bit),、AES (256bit)という三つのオプションがあります。128bitより、256bitの方のデコードの難易度が高いです。暗号化のアルゴリズム
  • パスワードを適用するには、ファイルを保存しなければなりません。

権限パスワードの設定

印刷、編集、複製、署名やコメントなど、より細かい権限をPDFに追加する場合は、次のガイドをご覧ください。(ファイル閲覧のパスワードと権限パスワードは同時設定も可能で、片方だけ設定するのも可能です。)

  • 「権限パスワード」にチェックを入れて、パスワードと確認のパスワードを入力します。
  • 印刷を許可する「低解像度」「高解像度」「印刷を許可しない」という三つのオプションがあります。「印刷をしない」を選択した場合、PDFを印刷する時は権限パスワードを入力する必要があります。低解像度を選択した場合、パスワードなしでPDFを低解像度で印刷できます。高解像度も同じです。低解像度
  • 変更を許可する「変更を許可しない(読み取り専用)」を選択した場合、PDFを閲覧できますが、パスワードを入力しなければ一切の変更ができません。他のオプションを選択した場合は、ユーザーはパスワードなしで、選択したオプションの操作が可能ですが、その他の操作には権限パスワードが必要となります。変更の許可
  • テキスト、画像や他のコンテンツの複製を有効にする:このオプションにチェックを入れた場合、PDFのコンテンツは権限パスワードを入力せずにコピー可能です。チェックを入れない場合は、権限パスワードなしではコピーはできません。
  • 暗号化のアルゴリズムを選択したら、「保存」をクリックしてパスワード設定を完了します。パスワードの設定を適用するには、PDFファイルを保存する必要があります。変更保存
  • ご注意:ファイル閲覧のパスワードと権限パスワードは異なるものでなければなりません。

パスワードの削除

パスワードを知っている場合は、LightPDFエディターを使ってパスワードを削除したり、新しいパスワードを再設定したりすることができます。パスワードを知らない場合は、削除できません。

 

LightPDFエディターの上述の操作に何か質問がありましたら、気軽に弊社にご連絡ください

評価:4.3 /5(合計16人評価)ご評価をいただいて誠にありがとうございました
著者:admin 関連カテゴリ: LightPDFエディターFAQリスト.前回更新 2022/02/08

コメント

お名前をご入力ください!
レビューの詳細をご入力ください!

Comment (0)

目次

LightPDFエディターでパスワードを追加してPDFファイルを保護する方法

フィードバック
トップへ戻る