LightPDFで手動でインタラクティブフォームを作成する方法

フォームを記入する時、自動記入できないPDFフォームは不要な手間を多くかけられる恐れがあります。この場合、フォームの配布者は、PDFフォームを記入可能なフォームに変換する必要があります。

無料ダウンロード

LightPDFは手動で記入可能なフォームを作成する機能を提供し、テキストフィールド、チェックボックス、ラジオボタン、コンボボックス、リストボックスやボタンを追加してインタラクティブPDFフォームを作成できるインタラクティブフォームボタンのグループを提供します。

手動でインタラクティブフォームを作成する方法

  • LightPDFを開き、「ファイル」> 「開く」をクリックして、PDFフォームを選択し、「開く」をクリックします。

lightpdfファイルを開く

  • ツールバーの「フォーム」をクリックし、「テキストフィールド」や他のボタンを追加します。

lightpdfフォーム追加

  • マウスカーソルをフィールドを追加するところに移動し、カーソルがクロスになり、マウスの左ボタンを長押しして、テキストボックスや他のフィールドボックスを描けます。
  • すべてのフォームフィールドを配置したら、ツールバーから「ホーム」をクリックし、フォームのハイライトの部分を選択し、フォームに直接入力できます。

フォームフィラー

 

基本的なインタラクティブボタン

インタラクティブPDFフォームを作成するために、フォームフィールドを追加する基本的なボタンがあります:

テキストテキストフォーム:ユーザーに名前、住所、メールアドレスや電話番号などのテキストを入力させます。

チェックボックスチェックボックスボタン:一個一個のアイテムに「はいかいいえか」の選択肢を表示します。フォームに複数のチェックボックスがある場合は、ユーザーは必要な数だけ選択することができます。

ラジオボタンラジオボタン:ユーザーに1つだけ選択可能なオプションのリストを提供します。同じ名前のすべてのラジオボタンは、グループとして一緒に動作します。

コンボボックスコンボボックス:ユーザーにドロップダウンリストから項目を1つ選択させます。

リストボックスリストボックスボタン:ユーザーに選択可能なオプションのリストを表示します。フォームフィールドプロパティはリスト上の複数の項目を「shift」を押しながらクリックすることで選択できるように設定できます。

プッシュボタンプッシュボタン:ユーザーのパソコンでファイルを開いたり、ウェブサイトを開いたり、ウェブサーバーにデータを送信したりするような変更をします。画像、テキスト、マウス操作による視覚的変更はすべてこれらのボタンに追加できます。

署名ボタン署名ボタン:記入のものがPDFファイルを署名するために、デジタル署名フィールドを作成します。

 

LightPDFエディターの上述の操作に何か質問がありましたら、気軽に弊社にご連絡ください。

評価:4.3 /5(合計19人評価)ご評価をいただいて誠にありがとうございました
著者:admin 関連カテゴリ: LightPDFエディターFAQリスト.前回更新 2022/08/17

コメント

お名前をご入力ください!
レビューの詳細をご入力ください!

Comment (0)

目次

LightPDFで手動でインタラクティブフォームを作成する方法

フィードバック
トップへ戻る