PagesのファイルをPDFに変換する方法

更新日:2019/11/13 更新者:

Pagesは、Microsoft Windows で言うWordのApple Macバージョンです。Pagesは、.pagesの拡張子で終わるファイルを制作します。これらのファイルは、Pagesのプログラム上でなければ開けません。このプログラムを使っていない人にファイルをシェアすると、その人はデバイスが対応しているフォーマットにPagesのファイルを変換しないとファイルを開くことができません。最もよく使われているファイル形式は、Adobe によるドキュメントを提示するために作られたPDF(ポータブル・ドキュメント・フォーマット)です。PDFは、異なるプラットフォームを超えて簡単にシェアできます。Googleには、PagesをPDFに変換するたくさんのオプションがあります。リソースをまとめ、リサーチし、異なるシステムやデバイスにおける解決策のリストを作成しました。必要な情報を手に入れてください。

Note:PDFを編集するには、 ApowerPDFというソフトをお勧めします。

無料ダウンロード

PagesをPDFに変換する方法

Pagesプログラム: 簡単にPagesのドキュメントをPDFファイルに変換

価格: 無料
システム: Mac OS

Macを使用されている場合、ファイルをプロセスするのに第三者プログラムやアプリが必要ありません。MacのPagesは、ドキュメントを他のフォーマットに直接変換できます。ファイルをPDF、Word、テキスト、ePub、Pages ‘09で保存することが可能です。新しく作成されたファイルは、元のPagesのファイルに影響を及ぼすことはありません。

pagesをpdfに変換

プロセスはいたってシンプルです。ファイルを開き、画面の上左端にある「ファイル」メニューをドロップダウンして、リストから「書き出す」 > 「PDF」を選んでください。「ドキュメントをエクスポートする」というウィンドウが現れます。そこで、画像の品質や暗号化などの設定をすることができます。高い質を選択すれば、エクスポートするファイルのサイズが大きくなります。ファイルをパスワードで保護する場合、「ファイルを開くのにパスワードを設定する」にチェックして、必要な情報を入力しましょう。「次へ」をクリックし、ドキュメントの名前を入力し、タグを入力し、ファイルを保存する場所を選択します。それから、「エクスポート」をクリックしてください。Pagesのファイルは、PDFフォーマットで保存されます。

メリット:

  • PDFに変換するのが簡単
  • 異なる画像品質オプション
  • パスワードでエクスポートしたファイルを保護

デメリット:

  • Macユーザーのみが利用可能

CloudConvert: オンラインでPagesをPDFに変換

価格:

  • 一日変換時間25分。1GBのファイルサイズ制限。
  • $8のプリペイドパッケージは、無制限のファイルサイズで変換時間500分まで対応。
  • 無制限のファイルサイズで変換時間1,000 分の毎月の定期購読は$8から。

システム: WindowsとMac OS

CloudConvertは有名なファイル変換プログラムです。200以上のファイルタイプの変換に対応しています。わたしたちも以前ビデオやオーディオファイルを変換するのに使用していました。さらに、PagesのドキュメントをPDFファイルに変換する素早い方法が可能です。ログインしたり、サインアップしたりする必要はありません。ファイルのアップロード方法は6つあります。ユーザーはURLから直接ファイルを回収し、コンピューターからアップロードまたは以下のストレッジプラットファームからファイルを選べます: Dropbox、Google Drive、Box、OneDrive。好きなだけファイルを追加することが可能です。一括変換に対応しています。CloudConvertは無料ですが、有料サービスもあります。 無料サービスでは、1GBのファイルサイズリミット付きで一日25分の変換時間と一般的なテクニカルサポートが可能です。1回の変換は大体1分くらいかかります。

cloudconvert

「ファイルを選択」(Select Files)をクリックすると、Pagesのファイルをアップロードし変換することができます。ファイルがインターネットからものやご自身のDropbox/Google Drive/Box/OneDriveアカウントに保存されているものの場合、背景がトライアングルのボタンをクリックして、対応するオプションを表示させましょう。ファイルがアップロードされたら、「フォーマットを選択」をドロップダウンして、「ドキュメント」 > 「PDF」を選択してください。「変換を開始」をクリックし、プロセスされるのを待ってください。「ダウンロード」をクリックして、PDF ファイルをコンピューターに保存してください。

メリット:

  • 使うのが簡単
  • Pagesドキュメントの一括変換が可能
  • 様々な方法でファイルをアップロードし、変換ファイルを保存できる
  • ファイル変換に関して設定をカスタマイズできる

デメリット:

  • 無料サービスには制限がある
  • サイトは英語のみである

iOS用Pages: iPhone/iPad上でPagesをPDFに変換

価格: 無料
システム: iOS

iOS用Pagesもあります。Mac用Pagesのようにとても強力なモバイルアプリです。PagesのドキュメントをiPhoneやiPad上で変換するもっとも簡単な方法です。異なるシステム間でファイルをシェアする際は、互換性が問題になってきます。iOS用Pagesは、そのプロセスをシンプルに、PagesファイルをPDFに変換することを可能にします。

iOS用Pages

Pagesのドキュメントを開き、iOS用Pagesの右上端の3つのドットボタンをタップし、「書き出し」をタップしてください。PDFを選択し、変換されたPDFファイルの保存先を選んでください。オリジナルのファイルにパスワードが設定されている場合、変換されたファイルにもその設定が適用されます。

メリット:

  • 使用が簡単

デメリット:

  • iOSユーザーのみに対応

Android上でPagesのファイルをPDFに変換

価格: 無料
システム: Android

Androidデバイス上でのAppleのPagesファイルの開き方をGoogleでサーチすると、あまり情報が得られません。この問題を解決してくれるアプリや方法がまだ世に出ていないためです。Appleの公式フォーラム上ですら効果的な解決策が提示されていません。しかし、方法はあります。iCound上にPagesのドキュメントをアップロードされており、Androidデバイスでファイルへのアクセスができる状態であることが大前提です。

Androidでpagesを開く

Google PlayよりPhoton Flash Player & BrowserをAndroidデバイスにダウンロードしてください。アプリを起動し、アドレスバーの右上端のギアアイコンをタップし、メニューを表示させてください。User AgentとSafariを選択してください。ブラウザのメインインターフェイスに戻り、ギアボタンの隣の稲光ボタンをクリックし、フラッシュをオンにしてください。iCloudのサイトへ行きApple IDとパスワードでログインしてください。Pagesのドキュメントをタップして開くと、PDFフォーマットでファイルを保存できます。
メリット:

  • 使い方が簡単

デメリット:

  • PagesとNumbersファイルのみで機能
評価: 4.3 / 5 (合計38人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
投稿者:鈴木 智美 投稿日:カテゴリ:小ワザとリソース. 更新日:2019/11/13

コメント

お名前をご入力ください!
レビューの詳細をご入力ください!
投稿する

Comment (0)